入院ガイダンス

入院時に備えておくもの

入院、育児の準備は妊娠35週頃には揃えておきます。
入院の準備はなるべくバックにまとめ、誰にでもわかるところに置いておきましょう。

用品 ポイント
母子手帳 入院してすぐにお預かりいたします。
健康保険証
診察券
印鑑 認印で構いません。
ナイトウェア 前開きで裾の長いもの、1着
パジャマ 授乳しやすく過ごしやすいもの、2~3着
ガウン 冬季のみご用意ください。
ブラジャー 授乳用ワイヤー入りでないもの、2~3枚
ショーツ マタニティー用のもの、1枚
産褥ショーツ 大き目の生理用のものでも可、3~4枚
用品 ポイント
ベビー服 上着1枚、長着1枚、短肌着1枚
※退院時までに。
おくるみ バスタオルでも可、1枚 ※退院時までに。
洗面用具 洗顔石鹸、化粧水、乳液etc
ヘア、メイク用品 必要であれば、ご用意ください。
小銭 必要であれば(飲み物を買う程度)
携帯電話、カメラ 必要であれば(分娩室でも使えます)
母乳パッド 必要であれば10枚程度
(当院でも購入頂けます)

お産セットの内容

Lナプキン4枚・Mナプキン10枚・Sナプキン20枚・産褥パット・ガーゼのハンカチ5枚・おしりふき1パック・産褥ショーツ1枚・歯磨きセット・くし・ヘアゴム・コップ・スリッパ・清浄綿1箱

  • ※シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、タオル、バスタオル、ドライヤーはシャワールームに設置しております。
  • ※お食事の際、お箸やスプーン、ナイフ、フォークはついてきます。
  • ※お産に関わるすべての用品は、すべて当院でご用意いたします。
  • ※準備用品については妊娠後期に妊婦健診の際に個別にお話しさせていただきます。

入院期間(ご希望により変更できます)

分娩後5日間の入院になります。
出産の前後であれば付き添いの方のお泊まりができますのでお申し出下さい。ご希望があれば付き添いの方の朝食をお出しいたします。なお、お子様のお泊まりはご遠慮下さい。

分娩の方法

基本的には自然分娩です。必要に応じて(例えば予定日超過など)分娩誘発も行うことがあります。その際には十分に説明をして、納得していただいた上で行っていきます。いずれの場合も母児ともに安全で満足感のある出産となるよう万全の体制をとっていきます。
そのためには妊娠後期の外来通院中にバースプランを助産師と共に考え、個人個人にあったお手伝いをさせていただきます。

入院中のお食事

食事はレストラン風のダイニングルームで厳選した材料で厳選された献立をご用意しますので分娩後はゆっくりご静養下さい。
退院前にはお祝い膳(フランス料理フルコース)をお出しいたしますが、ご主人もどうぞご一緒にお召し上がり下さい。

お産の費用

お産の費用

:妊娠36週~37週にて入院保証金5万円を預からせていただきます。
分娩費用は直接支払制度を利用した場合、正常分娩の場合初産の方で保証金に加算して18~23万円前後で経産の方で14~19万円前後(産科補償制度料金が含まれております)です。
予定帝王切開の場合は保証金に加算して38万円前後(産科補償制度料金が含まれております)となります。
(分娩時刻、医療処置、入院期間、個室の利用の有無、休日・平日分娩等により個人差がありますので目安とお考え下さい)

■差額ベッド代(分娩翌日から)
個室 9,000円/日
4人部屋(窓側) 2,000円/日
4人部屋(廊下側) 0円/日

面会時間

午前10時から午後9時まで何時でも構いませんが、必ずスタッフに声をおかけ下さい。
(分娩後の方には原則として24時間ご面会できます)
ただし、赤ちゃんへの感染防止のため、患者様のご家族のお子様以外のお子様のご面会は原則としてご遠慮下さい。

禁煙のお願い

敷地内全面禁煙で医院内および駐車場も禁煙ですのでご協力お願いいたします。