産み分け・妊娠相談

不妊の検査

ホルモンが正常に働いているかどうかを簡単に測れる方法として基礎体温の測定があります。 性ホルモンは一定のリズムをもって分泌されており、正常月経周期の場合は、低温相と高温相の2相性を示します。そして低温相最終日から排卵日の推定ができます。

具体的には次のような原因が考えられています。

毎朝正確に測った体温を、温度を表す目盛り線上に点をつけ、その日の点と前日の点を結んでいくと右図のような基礎体温曲線が得られます。
低温期から高温期に上がりはじめるころに排卵があります。

  • 朝、目が覚めたらすぐ床の中で測る。
  • 婦人体温計て舌の下て5分測定する。
  • できるたけ起床時刻(測定時刻)を一定にする。
基礎体温曲線